出版はロマン!? Kindle著者&現役編集者に学ぶ電子書籍セミナーに参加

Pocket

オンラインサロン『ギガ盛りブログ飯』主催の『Kindle著者&現役編集者に学ぶ電子書籍セミナー』に参加。

登壇者は累計1万部を突破した『本好きのためのAmazonKindle読書術』の著者、和田稔さんと現役編集者である鈴木教之さんのお二人。

今回は著者、編集者それぞれの立場からリアルなお話を伺い、特に印象に残ったことや感じたことについて投稿します。

著書サイド 出版する・売れるために必要なこと

まず和田稔さんが話されていて印象に残ったのは出版するきっかけになったのはブログだったということ。
ブログからなら少しずつでも文章化出来たこと、他の人との違いを出そうとした思考錯誤や想定読者を意識することが出版への糸口になったことに触れられていて、出版までの経緯について時系列とともに聞くことが出来たことが参考になっています。

また本が売れるためにリアルとネットの両方から取り組んだとこについても話されていて、リアルでは献本や色々な場所での登壇などを行い、ネットではAmazon内で人の目に触れるためのノウハウ、Amazon内SEOについて知ったのも興味深かったです。

売れる様にする努力は著者の方にも大切なことなのだとセミナーに行って感じました。

和田稔さんのブログはこちら。

編集者サイド 出版はロマン!出版だけでは食えない

現役編集者の鈴木教之さんはあくまで私見と前置きの上で話されていたのですが『出版はロマン。それだけでは食べていけない。』と口にされていたことに衝撃を受けました。

著者として出版社から本を出せればブランド力はつくことや、ロマンがあるとこだと話されつつも、それだけで食べられる人はそうは多くないのだとのこと。

セミナー中にふと『音楽だけでは全然食えない』と言っていたミュージシャンを思い出しておりました(^_^;)

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日で3月決算のヤマ場をクリア。
毎年のことですが無事にやり切りました!

投資したクラウドファンディング、
バッグのCode10が無事に届くなど

とても嬉しい一日となりましたヾ(´▽` )ノ

【昨日の一日一新】

投資したクラウドファンディングで無事に物が届く

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
コンサルティング(クラウド会計導入・利用支援など)
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼