東プレ REALFORCE91UG-Sを購入、長く使え堅実な仕事道具!

Pocket

東プレのキーボード、REALFORCE91UG-Sを購入しました。こちらのキーボードはMade In Japanでして恐らく興味の無い方ですと理解し難い金額の一品だったりします。
All

ワイヤレスではないですし、一見すると昔こんなキーボードがあったよねと思ってしまうような見た目です。

ただ実際に使ってみるとキータイピングは手の負担がとにかく軽く、素晴らしいと思う仕様となっています。この外付けキーボードは自身の仕事道具として長く使い続けるつもりで購入しています。

Magic Keyboardとの外見の比較

自分は普段ノートパソコンを使っているのですが、外出時以外はパソコン操作がより快適にしたいので外付けキーボードを使っています。

今まではMac環境がメインだったのでAppleのMagic Keyboard(日本語配列)のものを使っていたのですが、Windowsのノートパソコンを購入して使う機会も増えたのでWindowsとMacの両方に使えるREALFORCE91UG-Sを新たに導入したのです。

見比べてみるとその見た目は全くの別物でサイズはより大きく

Ookisa2

分厚さも際立っています。

Atsumi2

Magic Keyboardはシンプルな洗練されたデザイン性と使用感のバランスから満足感が高かったのですが、REALFORCE91UG-Sはデザインの洗練さよりも実用性や堅実さに重きを置いたキーボードになっている様に感じます。

REALFORCE91UBK-Sとの比較

実際にREALFORCE91UG-Sを購入する前には東プレの同じJIS配列で静音モデル、よりお手頃感のあったREALFORCE91UBK-Sも試し打ちしてみました。

キーを押す重さの違いを体感したくて試していたのですが、UBK-Sはキーの触れた感触がしっとりとしていることにどうも馴めず自分はUG-Sを選んでいます。

ざらりとしたUG-Sは指に触れた感覚が好みで、この違いがどちらを選ぶのか大きな要因になりました。

ちなみにこの記事を読まれている方はキーの触り心地なんて些細な違いと思われるかもしれませんが、この二つのキーボードの価格はだいぶ違うので新宿西口のヨドバシカメラのキーボードコーナーで一時間ほどキーを叩きつつ悩んでしまいました(^_^;)

REALFORCE91UG-Sを選んだ理由

今回MacとWindowsのパソコンに使う外付けキーボードを選ぶにあたっていくつか重視したポイントがあったので簡単にご紹介していきます。

テンキー不要

まず経理職ではあるもののキーボードにはテンキーがついていないものを好んで選んでいます。その理由としては自分は愛着のあるテンキー電卓を好きで使っていたのでテンキーは着いていないものが良かったのです。マウスを置きやすいですし机のスペースも有効活用出来ます。

関連
テンキー電卓JZ-22Eの質感はまるで本格派電卓 古い機種ながら未だに現役!

矢印キーが独立

矢印キーは独立しているとExcelを使っている際にも快適です。デザイン性よりも早く仕事を終えられる実用性が大切なんです。
10key

ファンクションキーが数字キーと兼用でない

他の外付けキーボードとしてHappy Hacking Keyboardも気になっていたのですが、ファンクションキーが数字キーと共用となっている配列はどうしても馴染まなかったです。今回RealForceを選んでいるのはファンクションキーが独立しているのも大きなポイントでした。元々Widnowsからパソコンを使う様になった自分としては有り難い仕様です。

キーにかな文字が印字されていない

今回購入したのは日本語配列なのですがキートップにはかな文字はなく英数と記号のみです。普段持ち歩いているノートパソコンのLet’s noteはかな文字なしのものを使っていたのでこのキーのすっきりとした姿は好感が持てました。かな文字が書かれていると親指シフトずれがあり、違和感を感じてしまうのです。

Left

キーが軽い 30g均一加重は圧倒的

キーボード自体は1.2キロとノートパソコン並に重いのですが、全てのキーの加重が30gと圧倒的にキーが軽いです。長時間パソコンに向かっていても疲れにくさには驚きます。

構造的に丈夫

購入時の箱に小さく書かれていたキーボードの寿命は3000万回以上とのこと。通常のノートパソコンだとキーの寿命は1000万回ほどなので、三倍は長持ちします。静電容量無接点方式という構造から強い耐久性を実現していて丈夫で頼りがいがあるというのは安心感がありますね。

あとがき

今回紹介した東プレのREALFORCE91UG-Sはお値段は大体二万円台半ばとなかなか勇気がいる購入となりました。

お恥ずかしながらなかなか踏ん切りが付かず電気屋さんで何度か試し打ちをし、使用感に納得してから手にしています。

使用感は人それぞれだと思いますし、キーボードとしては値の張るものなので興味のある方は実際に触れてみてから購入することをおすすめしますよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

奨学金完済の記念にと仕事で長く使える高級キーボードを購入。

なかなか良いお値段だったのでブログのネタとして使わせて貰いました。

【昨日の一日一新】

荻窪 倉式珈琲店に行く

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
コンサルティング(クラウド会計導入・利用支援など)
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼