実名ブログを始める前に抱いていた抵抗感と続けてみて分かったこと

Pocket

当初はこちらのブログは匿名でやり始めようと思っていました。率直に言ってしまえば独立した後でもネット上で本名を出してブログをするのは抵抗感があったのです。ただ今となってみれば自身の名前を出してブログを書いていて良かったと思っています。

そこで今回は実名を出してブログを書くことへの当初の感じていた抵抗感と続けてみて分かったことについて書いていきます。

実名を出してブログを書くことへの抵抗感

こちらのブログを始めたのは2014年10月のこと、独立して稼いで生活をしていこうにも経験値が乏しいと実感していて何か武器になるかものが欲しいと思って始めたのがきっかけです。

ただ自分は文章を書くのは得意ではないですし、それ以前に自己主張をするのも苦手でして…

ブログのコンサルを受けた流れで実名で始めることになったものの名前を出すことへは抵抗感がありました。

  • お客様や周囲の方達はどう感じるのか不安
  • 実名で続かなかったら恥ずかしい
  • まずはハンドルネームから始めたかった

と自分でブログを始めると決めていながらも感じていたのです(^_^;)

関連

Blogがきっかけで生まれた問題意識、日々少しづつでも改善していく

実名でブログをはじめて分かったこと

ですが周囲の目を気にしつつ実名でブログ続けても出来たばかりのブログはほとんど誰にも見られていませんでした。

ブログ開設3ヶ月目までは月間PVはわずか数百程度だったので、自分が口にしない限りは周囲の反応はありません。

実際に人に読んで頂ける様になるまでさらに数ヶ月は掛かっていて、もし匿名ブログにしていたらブログへのモチベーションが保てなくてひと月位で書かなくなってしまっていたかもしれませんね。

独立をしていた自分はあえてハンドルネームを使う理由はなく、初めから実名で良かったとも後々になって実感していて当初抱いていた抵抗感は的外れなものでした。

ハンドルネームより実名の方が仕事に発展しやすい

ハンドルネームより実名の方が有利で良かったと感じているのは仕事への繋がりやすさです。

有り難いことに最近のお客様は初回の対面前にブログを見て頂いていることが多いのでやりとりがスムーズに進められていますし、以前雑誌にコラムを書く機会が頂けたのもブログで本名を出していた信頼感の上乗せがあったからだと思っています。

以前別のブログを匿名でやっていたこともあり感じているのですが、仕事に発展させていくことへのハードルはハンドルネームより本名の方が圧倒的に低かったですよ。

関連

受験生の背中を押せる体験談に。執筆『会計人コース2017年2月号 私の独立開業日誌』

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
星乃珈琲店で初めてスフレパンケーキを食べてみました。

以前ベタ褒めしていたブログ記事を読み気になっていたのですが納得の美味しさです!
男ながらカフェでケーキを頬張りつつ幸せを感じておりました。

めっちゃ美味しいのでおすすめですよ!

【昨日の一日一新】

星乃珈琲店 スフレパンケーキ

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
コンサルティング(クラウド会計導入・利用支援など)
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼