頭の中でやることがで整理できないのなら書き出してしまえばいい

Pocket

タスクがいくつもある時にはまずは紙に書き出してしまうようにしています。

悩んでしまっては動き出せない

やることがいくつもある様な際には、ふと何から手を付けて良いものかと途方に暮れてしまうことがありますよね?

自分の場合ですと繁忙期などで土日も関係なく働いていた時期には度々そういったことがありました。結局は何から手をつけたところでひとつずつ終えていくしか無い訳で、途方に暮れてしまったり、変に焦ってしまう必要は無いのですけれどね。

そういった時には何をしなければいけないのか、はっきりとさせるために自身の頭の中にあるタスクを一通り紙に書き出して一つずつ消し込んでいくようにしていました。

紙に書いてしまえば今後やるべきことを頭の中から忘れてしまえる

紙にやることを書き出してしまえば、まだ何をしていないのか見える化が出来ますし、頭の中でやらなければいけないことを覚えておく必要がない状態に出来ます。

そのお陰で今すべきことに集中しやすくなるのです。

やろうとすれば、まだ手を付けていないタスクを把握しつつもタスクを処理することが出来るとも思いますが、紙に書き出すことと比べればミスや漏れも出てきてしまうでしょうし、頭の無駄遣いにも思いますよ。
|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
Windowsにいれている ことぶきRのキー配列をいじり
親指シフトでもセミコロンとコロンを打ちやすい位置に

仕事をしつつ少しずつやり方を変えていっています。

【昨日の一日一新】

ことぶきRの配列変更
黒糖いなりを食べる

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
コンサルティング(クラウド会計導入・利用支援など)
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼