『りゅうおうのおしごと!』を読んで 登場人物の生き様が熱くて良い

Pocket

最近読んだのは白鳥士郎さんの著書、『りゅうおうのおしごと!』シリーズ。

イラストを担当されているしらびさんの絵も可愛らしいのですが、作品に登場するキャラクターのひたむきな姿がとても魅力的なのです。

登場人物の生き様が熱い『りゅうおうのおしごと!』

『りゅうおうのおしごと!』は将棋を題材にしたライトノベル。作品のキャッチコピーは『ガチ将棋押しかけ内弟子コメディ』

実はこの作品は『このライトノベルがすごい!2017』で文庫部門 第1位を獲得し、第28回将棋ペンクラブ大賞で文芸部門優秀賞も受賞したすごい作品。

主人公の九頭竜八一はわずか16歳で竜王のタイトルを取得したプロ棋士の少年で、小学3年生の女の子、雛鶴あいを弟子にし同居する斬新な設定のストーリーとなっています。

ただこの突飛な設定は作品の入り口に過ぎず、その魅力は登場する登場人物の熱い生き様だと感じています。

胸を打つ 全身全霊で勝負に挑む姿

  • 九頭竜八一は竜王のタイトルホルダーとして
  • 八一の姉弟子 空銀子は女流棋士でありながら女性プロ棋士を目指すために
  • 八一の憧れの女性、清滝桂香は女流棋士を目指す期限目前の戦い

この作品には各登場人物それぞれの立場から真剣勝負が描かれています。

特に小説版の3巻で取り上げられた清滝桂香の将棋生命を賭けた対局では恥も外聞もなく挑む姿は魅力的で、子供の頃想像していた輝かしい未来とは全く違う人生でも、何が何でも女流棋士になってみせる必死な姿は心を打つものがあります。

これまで何かに必死に打ち込んだことのある人はぐっとくる物語だと思いますよ。

『りゅうおうのおしごと!』は色モノと思わず読んで欲しい

将棋界を題材にした登場人物たちが躍動するストーリー、将棋が分からなくても惹き込まれるので一度読んでみては如何でしょうか?

小説版第一巻はこちらで

さっと読んでみたい方はコミックス版もありますよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
最近はいそいそと事務所HPの修正しています。

有料テーマ導入や税金記事の移管など行い、ひとまず形に。

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
コンサルティング(クラウド会計導入・利用支援など)
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼