短信、計算書類、有報 金額単位と端数処理のルール

Pocket

決算短信(以下 短信)や有価証券報告書(以下 有報)、会社法の計算書類など単位の端数処理の取り扱いについて実は理解していない監査法人のスタッフや経理担当者の方も多いのではないでしょうか?

よく質問されることが多いので、その取り扱いをまとめてみました。

img_7321

短信・計算書類・有報 それぞれルールが異なる

まず押さえておきたいのが短信・計算書類・有報でそれぞれ依拠するルールが異なるということ。
短信は証券取引所の自主規制に、計算書類は会社法計算規則、有価証券報告書は財務諸表等規則に従って作成されます。

そして意外にも会社法計算規則や財務諸表等規則では金額の単位や端数処理のルールはざっくりとしたものになっています。

金額単位について会社法計算規則では円・千円・百万円単位のいずれか、財務諸表等規則では千円・百万円単位のいずれかと定められていますが、端数処理についてはいずれの規則も特段ルールが決められていません。

取り扱いが細かい 短信サマリーの端数処理のルール

ただし、短信のサマリー情報については他社との比較を重視していることから比較的取り扱いが細かいです。

売上や段階利益では百万円単位で表示すると決められており、千円単位や円単位は認められません。また端数処理は百万円未満を原則切捨て、 例外として四捨五入が認められています。

…単位未満切り上げはNGな点はお気をつけください。

キモは作成順序! 短信ルールに合わせることが多い

短信・計算書類・有報とそれぞれ依拠するルールが異なりますが、それぞれの決算情報は重複しています。
そのため真っ先に作成・開示することになる短信の端数処理に基づいて資料作成、その処理を計算書類や有報に適用するのが一般的です。

実務上、金額が百万円単位で単位以下を切り捨てる端数処理が多いのは短信サマリーのルールに引っ張られた結果となっています。

あとがき 比率やひと株当たり情報は?

ちなみに比率やひと株当たり情報にのルールは短信サマリーでもざっくりとしたもののみ。
一株当たり情報のように銭単位で表示する項目は、銭未満を原則 四捨五入。比率の様に%(パーセント)で表示する場合は、小数第一位未満を原則 四捨五入となっているだけです。

実は計算書類や有報では明確なルールもないのですよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

昨日は年に一度の有報チェックの一日。
毎年のことながらプロネクサスの記載例本が
分厚くなっていますね(^_^;)

【昨日の一日一新】

ジェットウォッシャードルツを使う

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
コンサルティング(クラウド会計導入・利用支援など)
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼