マンションの自主管理 継続性の維持の難しさと委託管理への移行の懸念

Pocket

自主管理のマンションで管理組合の理事になった経験があり、自身の感じた自主管理の継続性の維持の難しさ、委託管理へ移行する際の周囲の懸念について投稿します。

5914C481 36A3 4EC9 86A8 94BD2B322C13

自分は安定的な継続性を重視すると委託管理への移行が望ましいと感じています。

自主管理では管理組合の継続性が危うい

自主管理を行うということは管理会社に頼らない形でのマンション管理です。

委託管理に比べ管理組合の限られた人材の中でマンションに関連する法令への理解、不動産自体への理解、経理業務に関する経験など能力を持っていることが求められます。

もちろん、特定の誰かひとりが全て行う必要はありませんが、マンション管理のために時間を割くことを受け入れてくれる人がいることが前提です。

当然ですが実務能力がある担い手がいなくなってしまうと最終的には管理業務が滞り、自主管理の継続はできなくなるため、自主管理では管理組合の継続性は危ういものになってしまいます。

新たに管理会社と付き合う際の懸念

新たに管理会社に頼むと外部に支払うお金が増えますし、信用して良い相手先なのか難しく漠然とした不安が残ってしまうという声が上がることがあります。

コスト増はより平等な負担

しかし、コスト増については今まで自主管理の業務を担っていた方達がマンションの管理のために提供していた対価分が明確になったものです。マンションの管理業務を特定の方たちだけが背負っていた負担が管理費として区分所有者全員で負担する形となるため、より平等で自然なお金の負担となります。

自分以外に頼むのであれば信用不安がつきまとう

新しい管理会社に対する不安については、区分所有者が自主管理を行い始めた時にも同様の不安があったこと。同じ区分所有者であるからといって不正をしないとは限りません。もし信頼出来ていると言いきれたとしてもたまたま自主管理を担っている方が信用出来る相手であったというだけで、いつまでも引き受けてくれる訳ではないのです。

自分以外に任せるということは変わらないため、新しく付き合う管理会社への不安は新たに信頼を出来るのか業務内容を見極めていく段階といえます。

もし新しい管理会社について受け入れられないという方がいた場合、周囲の賛同を得ることが出来る理由を示し、他人任せにしない代替案を用意しないと無責任な発言となってしまいます。

まとめ

自主管理は実務能力のある人材のつなぎとめが必要ですが、どこかでその状態が当たり前になった結果終わりが来てしまうものです。新しく業務を依頼するため懸念は生じますが管理組合の継続性の維持を確保することを重視すれば委託管理への移行が必要ではないでしょうか。

関連エントリーはこちら

管理規約のないマンション、管理規約を作る手順と理由

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】

不二屋のセンス、ケーキ名が素晴らしい。

『チーズの極み』名前に偽りなし!
美味しかったです(^^)

それではまた来週、よろしくどうぞ。

【昨日の一日一新】

不二屋 荻窪タウンセブン店

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

 

サービスメニュー
小規模会社個人事業主の税務顧問
創業時の支援
・小規模会社向け顧問契約外で行う決算・申告のみ業務
コンサルティング(クラウド会計導入・利用支援など)
講演、記事執筆(法人税や消費税、所得税など)
個別相談
ブログ運営
■ブログ投稿リクエストフォーム
moriya-blogで書いて欲しい内容について募集中です。是非こちらからリクエストのご連絡を下さい。

■ブログランキングに参加中
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村

■スポンサードリンク
Pocket

ABOUTこの記事をかいた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)

公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。 さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼