moriya-blog

杉並区荻窪の読書好きなボウズ税理士・公認会計士 守屋冬樹のブログ

SONYデジタルペーパーDPT-RP1購入レビュー メモは即デジタル化!

time 2017/06/17

Pocket
LINEで送る

SONYのデジタルペーパーDPT-RP1を購入し使い始めています。

DPT-RP1はiPadProの様に色彩豊かな絵が描ける訳でも動画が見ることが出来る訳ではありません。ただ日々メモを取る自分には感動ものの一品。

IMG 20170614 151733 1785x1339
iPadPro がバージョンアップしても自分の生活は変わりませんがこのデジタルペーパーを手にして生活は変わりました。

sponsored link

メモ帳代わりにデジタルペーパーを利用!手書きメモを即データ化

こちらのデジタルペーパーを利用しているのは紙のメモ帳の代わりとしてです。

日々思考の整理をするためにA4用紙にメモを書く習慣があるのですが、書き殴ったメモの数々はアイデアの種で捨てられず、データ化や処分が進まず悩んでいました。

IMG 20170617 114756 1785x1339
(積んでしまった未整理メモの山10cm超…)

デジタルペーパーであれば手書きで紙に書き込む感覚はそのままでメモは自動的にデータ化されます。書き殴ったメモ用紙が積み上がっていくことが食い止められると期待し購入しました。

アイデアやタスクの書き出しや打ち合わせ時に活用

DPT-RP1を実際に使ってみるとタスクやアイデアの見える化、打ち合わせ時のメモとして役に立っています。
デジタルペーパーへの書き味は絶妙で、パソコンよりもさっと取り出し記録に残すことが出来ますし、モノクロの画面はiPad Proよりも目が疲れにくいのです。

また初対面の方と打ち合わせする時には、パソコンを開いてしまうと距離感を作ってしまうように感じていましたが、このデジタルペーパーを出しても主張しすぎません。

さっと鞄から取り出し何気なくメモをとる。そんな使い方が出来ています。

iPad Pro+ApplePencilとSONY DPT-RP1を使い比べてみて

SONYのデジタルペーパーDPT-RP1はメモをとり読書を出来るぐらいなもので、多機能・ハイスペックなiPad ProにSONYのデジタルペーパーDPT-RP1は敵わないことが多いです。
単に文字を書きデータ化するのであればiPad ProとApplePencilでも出来ることですし、iPad Pro単体でもネット閲覧、メールに読書、動画・写真撮影と一台持っていれば大抵のことはできますから。

iPad Pro+ApplePencilでメモをとってみた感想

ただApplePencilでメモをとる書くために使うとなると

  • ペンが細い
  • ペンが長すぎるため収納に困る
  • 円形で置いておくと不意に転がっていってしまう
  • フタが本体に固定されておらず持ち運びや充電時にどこかにいってしまう
  • ペダリングする際の見た目がダサい
  • ペン自体にボタンがなく、画面タップが必要になるシーンが多い
  • 文字を書く際にコツコツと音がなってしまう。

など使用感に不満がありました。

製品の方向性としては色彩豊かな絵を描くことをより重視、文字も書くことにはそこまで力を入れていなかったのではと…(^_^;)

アプリが充実していましたが、絵を描かない自分には正直使いにくかったですし、仕事の際に使おうとは思えなかったのです。

SONY DPT-RP1でメモをとってみた感想

SONYのデジタルペーパー DPT-RP1を使ってみると次のように感じました。

  • ペンの太さが絶妙
  • ペンの充電する際にフタはペンから離れてしまわない
  • 消しゴムとマーカーの操作がペンを持ちつつ可能
  • ペンが転がらないような形状
  • ペンが軽い
  • 画面を見ていても目が疲れない
  • デジタルペーパーの表面処理が絶妙で書き味がいい
  • ペン先が2種類から選べて書き味が選べる

IMG 20170617 084214 1 1785x1339

特にスタイラスペンはApplePencilをこう改善して欲しかったのだと完成形を見せられたような気がします。

DPT-RP1はiPad Proのように多機能ではないですが、製品自体として文字を書きやすいのが魅力。
このデジタルペーパーを作ってくれた方たちの名前は知りませんが、それこそ作ってくれてありがとうと感謝の気持ちを抱いた程なんですよ。

SONY DPT-RP1は販売とソフト面が微妙…

ここまではSONY DPT-RP1の良さについてお伝えしましたが、微妙なところもあり必ずしも誰にでもお勧めできるものではありません。

ソニーストアに在庫なし、手軽に購入できない

まず本体のお値段は79,800 円+税となかなか値が張りますし、教育の現場や法人向け製品のため家電量販店では売っていないのです。

ネットではソニーストアで販売されていますが入荷待ちで注文手続きが出来ず(6月17日時点)、他に取り扱っているのは大学の購買部ぐらいのもの。

あまりの手に入りにくさにヤフオクではプレミアム価格で転売、自分自身も当初ヤフオクで買おうかと悩んでいました。

ですがたまたま早稲田大学の購買部で販売・在庫があったことを知り、定価で購入!もしどうしても手に入れたいという方は大学の購買部に行ってみてはいかがでしょうか?

ソニーストアで生産予定数量分を追加で販売出来るようにしたり家電量販店でも販売するなどもう少し対応のしようはあると思うのですが…早く欲しいと思っている方に適正価格で手に入る状態になってくれると良いのですが…(^_^;)

機能が弱い(アンドゥできず、マーカーはメモで使えず、メニューは縦使いが前提)

デジタルペーパーDPT-RP1は書き心地は感動ものなのですが、ソフト面では残念なことろが目立ちました。

  • デジタルでありながらアンドゥ機能(一つ前の状態にもどす)がない
  • メモを取る際にはマーカーが使えない
  • メニュー表示は縦で使うことしか想定していない

ハードとしてデジタルで文字を書くことの快適さがある分、ソフト面の弱さが残念でした。

IMG 20170617 114510 1785x1339

(二分割画面でも縦書きを前提にしたメニュー画面)

自分はメモ書きするときにはA4用紙を横にして使っていたのでデジタルペーパーも横長に使っていたのですがメニュー画面は首を90度曲げて読むスタイルとなっています(^_^;)

個人的には使用頻度のないNFCのロック解除機能に対応する余裕があるのなら、なぜ横にした状態で使われることを考慮しない操作システムにしたのかが疑問でしかたありません。

メモを書くことに不便なし!実用できるデジタルペーパー

SONYのデジタルペーパーDPT-RP1はなかなかお値段が張り機能を考えればコストパフォーマンスは悪いですし、誰にでも勧められるものではないと思っています。

ですがDPT-RP1は快適にペンを走らせることができる書き心地の良さ群を抜いて素晴らしく、使い方を決めて購入すれば生活を変える製品であることには間違いはありません。

市場としてはニッチかもしれませんが、自分を含めて「これを求めていた!」と作ってくれたことに感謝する人も多いと思いますよ。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
岡崎体育さんの新譜、XXLが素晴らしい。
楽曲の多才さに脱帽です!

■ブログ投稿リクエストフォームを用意しています。
気になること、聞いてみたいことがありましたらこちらからご連絡下さい。

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村
■moriya-blogについて更新のタイミングを知りたい!という方にはFacebookもしくはFeedly がオススメです。ぜひ下のボタンからご登録を。
・Facebookに更新情報が流れます。


・fleedlyで更新情報を受け取れます。
follow us in feedly

この記事を書いた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)
守屋冬樹(もりや ふゆき)
公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。

さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼
Pocket
LINEで送る

sponsored link

書いている人

公認会計士・税理士 守屋冬樹

sprite01 のコピー

東京都の荻窪にて会計事務所をやっています。

守屋冬樹税理士事務所のホームページはこちら

埼玉県出身
昭和60年11月5日生 血液O型
好きなものは音楽とアニメと甘いもの

詳しいプロフィールはこちら

books

   PVアクセスランキング にほんブログ村


sponsored link