moriya-blog

杉並区荻窪の読書好きなボウズ税理士・公認会計士 守屋冬樹のブログ

MacBookPro2016を外出先で使わない理由 タイピング音がパタパタと高い音が鳴るので気が引ける

time 2017/05/22

Pocket
LINEで送る

MacBookPro2016(TouchBar付きモデル)を持っているのですが、人が集まる場では別のパソコンを使うようにしています。
セミナー中などにタイピングをしているとパタパタとよく通る高い音が鳴ってしまい周囲の目が気になってしまうのです…
IMG 20170523 002345 1

sponsored link

タイピングしている自身ですら気になるカチャカチャ音…

自分がこのMacBookProを外出先で初めて使ったのは研修に参加した際のこと。
新しいノートパソコンを購入したばかりで実際に使うのを楽しみにしていたのですが使い始めてすぐに感じたのは自身でも気になってしまう程カチャカチャと響く高いタイプ音です。
その時はタイピングの仕方が悪いのか?単なる錯覚か?などと思っていたのですがそれ以降もタイプ音が気になってしまいました。

普段は優しいタイピングを心がけていますが…つい集中してパソコンを使ってしまうと意図せず響く音を出してしまっていると思います。

MBP2016のキーボードは使う環境を選ぶ

以前のものに比べてより洗練されているMacBookProのデザインは好きですし、カスタマイズしているスペックにも満足。電源の持ちの良さにも満足している分、特にもったいないと感じてしまうのがこのキーボードの仕様なんですよね…

静かな環境で使うとき、セミナーを受けているとき、人と一緒にいるときにはそのよく通るタイプ音は静音タイプのキーボードが好きな自分には合っていなかったようです。

関連

MBP2016は癖が強い

ほかにもTouchBarの活用法を見出せずにいたり、usb-cとイヤホンジャックしかないシンプル過ぎる接続端子に対する不安感もあって今は外出先には別のノートパソコンを使うようになっしまいました。

関連

MacBookProの洗練されたコンセプト自体は好きなのですが…自分には癖が強く感じてしまいデスク用パソコンとして使っています…

けれどそれではより小さく軽くなったMacBookProである意味がなく、タイピング音の改善のためキーボードカバーを試そうと検討中です。

タイプ音が少しでも軽減されると良いのですが(^_^;)

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
週末は打ち合わせや決算対応、セミナーに参加など
日曜日は完全オフにし読書を堪能する一日をすごしていました。

【週末・休日の一日一新】
ハロハロみたらし団子
楽天Koboアプリ for Android
uxcell キーボードリストレスト

一日一新のきっかけはこちら→一日一新

■ブログ投稿リクエストフォームを用意しています。
気になること、聞いてみたいことがありましたらこちらからご連絡下さい。

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村
■moriya-blogについて更新のタイミングを知りたい!という方にはFacebookもしくはFeedly がオススメです。ぜひ下のボタンからご登録を。
・Facebookに更新情報が流れます。


・fleedlyで更新情報を受け取れます。
follow us in feedly

この記事を書いた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)
守屋冬樹(もりや ふゆき)
公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。

さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼
Pocket
LINEで送る

sponsored link

書いている人

公認会計士・税理士 守屋冬樹

sprite01 のコピー

東京都の荻窪にて会計事務所をやっています。

守屋冬樹税理士事務所のホームページはこちら

埼玉県出身
昭和60年11月5日生 血液O型
好きなものは音楽とアニメと甘いもの

詳しいプロフィールはこちら

books

   PVアクセスランキング にほんブログ村


sponsored link