moriya-blog

杉並区荻窪の読書好きなボウズ税理士・公認会計士 守屋冬樹のブログ

会計事務所がチェックする帳簿はデータで確認

time 2016/12/14

Pocket
LINEで送る

会計事務所がお客様の帳簿をチェックする際には帳簿は印刷したものでなくデータで貰い確認するようにしています。

edccc89c8d50d9c287fb3ef08210b8c3_s

sponsored link

会計事務所のために帳簿を印刷するのは大変

以前新規の契約となったお客様から『守屋さんはデータで帳簿をチェックしてくれるから良いですね』と言われたことがありました。

お話を伺ってみると以前の会計事務所ではお客様が経理入力した後、仕訳日記帳や総勘定元帳、試算表など紙で出力することが求められていて会計データで貰うようなことはしていなかったとのこと。

会計事務所側でのチェックすれば決算整理仕訳の追加や修正仕訳も入ってしまいます。

用意して貰うことが当たり前と感じていると気がつかないかもしれませんが、修正が入ると分かっている帳簿を印刷して揃えておくことは気が進まないですし、負担に感じるものです。

紙の帳簿でなくてもデータで貰えれば検証できる

実のところMFクラウドやfreeeなどのクラウド会計はデータで確認出来ることは当然として、それ以外のインストール型の会計ソフトであったとしても会計データ自体を貰うことはたいてい出来るようになっています。

お客様と同じ会計ソフトを持っていればバックアップデータを貰えば良いだけですし、仮に同じ会計ソフトの持っていなかったとしても一般的な会計ソフト(弥生会計や会計王、勘定奉行など)であれば仕訳データなどはcsvやExcelファイルを出力が出来てしまいます。

データであれば紙に比べて仕訳の検索も早く出来ますし、Excel化しておけば検証の過程もデータで残せるメリットがあるので使わない手はないと個人的には感じています。

まとめ 会計事務所のための対応を減らし

ある程度のパソコンスキルがあればお客様に余計な手間をさせなくても済みますし、Excelなどで検証資料をデータ化しておけばパソコンがあれば確認でき、紙資料が手元になくお客様の対応が出来ないというケースも減らすことが出来ます。

データで帳簿を貰いチェックするということを試みてはいかがでしょうか。

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

【編集後記】
昨日は事務や家事タスクの消化。
後回しと溜め込んでいたこと大きめのタスクをいくつか解消。

タスクの大掃除週間と決め込み年末にむけ一掃中です。

【昨日の一日一新】
LINE MOBILE SIMカード利用
使用済小型家電の処分
一日一新のきっかけはこちら→一日一新

■ブログ投稿リクエストフォームを用意しています。
気になること、聞いてみたいことがありましたらこちらからご連絡下さい。

ブログランキングに参加しています!
にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村
■moriya-blogについて更新のタイミングを知りたい!という方にはFacebookもしくはFeedly がオススメです。ぜひ下のボタンからご登録を。
・Facebookに更新情報が流れます。


・fleedlyで更新情報を受け取れます。
follow us in feedly

この記事を書いた人

守屋冬樹(もりや ふゆき)
守屋冬樹(もりや ふゆき)
公認会計士、税理士。高校時代の出会いがきっかけで公認会計士を目指すと決意。2007年(22歳)高卒での公認会計士試験合格を実現。準大手監査法人に勤務しつつ2011年(25歳)公認会計士登録。2012年(26歳)税理士となり守屋冬樹税理士事務所を創設。

さらに詳細なプロフィール/お仕事のご依頼
Pocket
LINEで送る

sponsored link

down

コメントする




書いている人

公認会計士・税理士 守屋冬樹

sprite01 のコピー

東京都の荻窪にて会計事務所をやっています。

守屋冬樹税理士事務所のホームページはこちら

埼玉県出身
昭和60年11月5日生 血液O型
好きなものは音楽とアニメと甘いもの

詳しいプロフィールはこちら

books

   PVアクセスランキング にほんブログ村


sponsored link